あらかじめ把握しておきたい 中古車オークション代行のデメリット

購入時のデメリット

現車確認ができない

ご紹介する車は中古車オークションに出品されているものです。中古車オークションは業者のみが参加できる市場であるため、一般の方はご参加いただけません。そのため、お客様が車を直接確認することはできません。

ですが、安心してご購入いただくため、オートロマンでは落札する前に修復歴なども含め、オークション出品票を開示することで車の状態をお知らせしています。ですが、やはり現物を見ることはできないため、「どうしても目で見て、手で触れて確認してから購入したい」という方には不向きだと言えます。

例外を除き返品不可

落札した中古車は基本的に返品できません。ですから、入札の際にはオークション出品票をよく確認する必要があります。なお、もしも出品票と車両に相違点がある場合は、オークション会場にクレームを出し、対応してもらうことができます。

全車保証なしの販売(登録から10年未満の国産車は有料で保証をつけられます)

オートロマンではできるだけオークション代行サービスにかかる費用を抑えるため、購入後に発生する整備費用はすべてお客様負担とさせていただいています。そのため「こだわりの車を安く買いたい」とお考えの方にはおすすめできますが、「これからメンテナンス費用は一切かけたくない」という方には不向きと言えます。

とはいえ、当社では「安かろう悪かろう」という粗悪な車は紹介いたしません。一定以上の品質の車をご紹介しておりますので、ご安心ください。もちろん、メンテナンスや緊急時のアドバイスは無料で行っています。

売却時のデメリット

売却価格が確定しない

中古車オークションは卸価格での売却ができ、かつオークションだからこそ相場価格より高値がつく可能性もあります。しかし、これは逆を言えば「価格が定まっていない」ということ。多数の業者による公平なセリであるため状態相応の価格がつくことが予想されますが、あらかじめ売却価格を定めることはできません。

このページの先頭へ